カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「アイオン 」カテゴリ記事一覧

【AION】AION5.0はAION2なのか

AION5.0発表されましたね
(む)ぶろぐを見た限りではリネⅡのような狩りゲーになるみたいですね




嬉しかったのは胴のサイズも変えられるようになったこと

キャラメイクで小さいキャラを作れば分かるのですが、胴の長さは固定なので足の長さや頭の大きさなどで調整しなくてはいけません
日本βテスト時はほぼキャラメイクだけしていましたのですがここが一番の悩みどころでした
あれからもう6年も経ち今更の感がありますがそれでも胴がカスタマイズ出来るのは嬉しいですね
新しい髪型なども追加されたようです
aion50 new hairstyle

詳しくは(む)ぶろぐさんの特集ページ



66からスキルや装備が一新されハイディーバになるということは開発側は66から新たに作り直したいみたいですね
今回のアップデートを1から『AION2』ということには出来なかったのでしょうか
サービス開始から随分経ったタイトルではなく新作MMOということにすればまたたくさん人が集まったように思います
MMO離れがよく言われますが、仲間と繋がりを感じやすいのはやはりMMOゲームが一番だと思いますし

ソシャゲをやるようになって感じたことは開発側がお金儲けのシステムを上手に作るようになったということです
これをするには課金。あれがほしいなら課金
ユーザーに不自然に思われないように上手に課金を誘導するようになっています
企業として利益を追求するのは全く正しい姿勢なのでそれは構わないのですが、我々ユーザーはそれが楽しいかな?ということです

家庭用ゲーム機はゲームソフト一本買えば全て終わりです
開発側はその資金以上のものは稼げないので何本売るかが大事
ユーザーは一本の中でどれだけ遊べるかが大事でした

MMOも初期の頃は月額課金制が多く、月に数千円払えばあとは自分の時間を使って遊ぶものばかりでしたね
天文学的な時間がかかる『リネージュ1』やリネ1ほどではないけど時間をかける『FFⅪ』や『リネージュⅡ』もこれでした
月額課金制ゲームはお金を払うのはスタートラインに立つだけでありアイテムを得るなどは自分でやらなければなりませんでした。その苦労のおかげで達成感が多かったのも事実です
例えば今の『AION』では週に一度日本サーバー全体で400人しか入れないコンテンツが有ります
100人ずつ4陣営で戦うのですがそれに勝利した100人だけがアイテム箱を手に入れることができます
そのアイテム箱も中身はある程度ランダムなので自分が欲しいアイテムが出るには挑戦し続ける時間と運が必要です
他のゲームでも多人数で倒すレイドモンスターから一つしか出ないアイテムなどありますよね
アイテムを持っていることで羨ましがられたりする優越感を得るためのみんなが共通の目標とする何かがありました

しかし、それでは開発・運営側は儲からないんですよね
みんなが欲しいアイテムなら直接売れば儲かる
考えてみれば当たり前なんですが、結果的にこの流れにより月額課金制は衰退していきましたね
初期の『完美世界』では馬のペットが1万円と聞いて激しく驚かされたのですが(当時は『マビノギ』をやっていて月数千円だったので)ゲーム内では持っている人が多かったようです
お金を出せば手に入る文化ですね
『マビノギ』の話をすれば2005年の頃ですがARという新しいスキルがありました
当時の『マビノギ』はスキルを習得するために時間制限のあるアイテムを集める必要がありました
そのアイテムを落とすボスが入場にこれまた時間制限のあるIDなので、自分で取りに行くかログインしている時に売りに出されるのを待つしかなかったのです
スキル取得のためのアイテム実装当初のユーザー同士の販売価格は当時のゲーム内としてはかなり大きい金額でした
これも時間+運が必要でしたね
だからこそ達成できた時はたまらなく嬉しかったのですが、当時課金すればそのアイテムを買ったか?と言われればノーだったと思います
というかお金を出して買う考え方がなかったですね
ゲームのことはゲームで解決するという考え方がほとんどだったと思います

思えばこの頃が過渡期だったのかもしれません
マビノギはペットやキャラクターを転生させる際に月額課金の他にお金がかかり無料化される前は結構過疎ってました
それが無料化になり人が増えていきました
ゲーム自体は面白かったのでやってみれば続ける人が多かったのだと思います
それから他のゲームも無料化が当たり前になり、スマホの普及、スマホの売上がPCを抜くようになりオンラインゲームの舞台がPCからスマホに移りました
ゲームもそこから他人と一緒ではなく自分のキャラクターを強化するためのものに移ったように思います
ガチャが当たり前になり逆に言えば欲しいものはお金さえ出せば必ず手に入るようになりました(入手しやすいかどうかは別ですがw)
強くなるためにゲームをするのではなく、強くなるために課金をする
ソシャゲの自慢デッキは「これいくらかかったんだよwww」的なものが多いです

韓国でもMMOが下火になり『AION』が対人メインから狩りゲーに方向転換したのにはこうしたスマホゲーとは違うベクトルを目指したからではないでしょうか
昔ながらの、他人とPTを組んでアイテムを取りに行くというスタイルにすることで生き残る道を探したように思います
また今回大きくリニューアルしたことにより『AION2』はほぼなくなったかなあと思っています
『AION』自体相当迷走していますしね
続編を作るとしてもどのようなコンセプトにするか見えてこないと思います
そういう意味では新しくガラッと変わるAION5.0
新作が来る気持ちで楽しみに待ちたいと思います



もう少し人が増えると良いんですけどw
スポンサーサイト

【AION】4.8でまだ出ていない乗り物やコスチューム

毎日の要塞戦や日曜日のパンゲアメインですがAIONも続いております
今日はまだ日本で出ていない乗り物やコスチュームなどをご紹介

青いヤギが空を飛んでいるのはシュールですがw
衣装はコチラ
https://youtu.be/QvA2YKzRIao
実装順番はバラバラなのは仕方ないのですが欲しい衣装もありますね

とくにシューゴのきぐるみは完全にピカチュウw
これ版権大丈夫なんでしょうかww



ニライベントでクナクス配るのもいいんですが4.9アップデートが来る前に新衣装も欲しいですね

【AION】水龍王の武器

前回の火龍王に続いての登場だそうです

エフェクトの色違いじゃん!と思いましたが水の飛沫などこっちのほうがカッコイイですねw


日本には何かのイベント → シューゴやらガチャの景品という火龍王と同じ流れになると思いますね

【AION】ひたすらAION充

アイオン一日の流れ

運命のレントスに行く(時間があれば4~5キャラ、天側から進入するときは上の亀裂がオススメ)
鉄壁1回(時間が合えば2回、最高3回)
22時から要塞戦でGP稼ぎ
誘われればルナト

更に一週間のうちに
龍帝ハードやマナカルナ覚醒練習
アクセを求めてスペルバレのカタラマイズ

忙しすぎなんだが?w

【AION】スティグマ強化とノーマルべリトラ退治

予想通りというかスティグマが溢れてきましたね
課金のクエをこなすと手に入るとか何とかでゴミグマはだいぶ投げられ始めましたw

ということで市場の半値以下で捨てられていたスティグマを拾って強化してみることに
aion フィッシャーキャノンボール強化
失敗で破壊っていうことは+10の強化は遠そうですね
まあスティグマは一回手に入れたら再入手する必要がなかったので強化で破壊されないと需要が減るのでゲームデザインとしては仕方ないんでしょう


結果!

aion 強化スティグマフィッシャーキャノンマジカルブーン



(´ε`;)ウーン…

CT減少は+10になるとおよそ4割減?だそうで1分なら40秒になるらしいけどこのレベルでは全く変わりませんねw
MP減少は言うまでもなしw

ただヴィジョンスティグマの強化値は6つのスティグマの最低強化値になるそうなので徐々に上げていくしかないんでしょうねえ
ギーナが余りまくっているお金持ちの道楽になりそうですが、もともとAIONの最大強化はそんなものですね

復帰勢なら全キャラにヴィジョンスティグマを付けてあげられれば十分なような気がしました


ベリトラはまたまた非覚醒でした
aion 非覚醒ベリトラ退治
なんかクエがカウントされないんだが?もちろん討伐時には死んでいません
死んでいてもカウントされるみたいなんですけどね
非覚醒はカウント外なんでしょうか\(^o^)/
慣れていれば覚醒状態のほうが楽らしいし、悲痛の龍帝の安息所クリアフォースも出てきたようで早くクリアしてみたいですね
twitter
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
リンク
ランキング
検索フォーム
QLOOKアクセス解析 ブログパーツ